卒業生紹介

お客様の旅立ちを笑顔でサポートしたい。

卒業生紹介

私は今、こんな仕事をしています

JALの“顔”となって、お客様の空の旅立ちをサポートするのが私たちグランドスタッフの仕事。航空券の発券やお荷物のお預かりを行う搭乗手続きに始まり、各種情報のアナウンス、搭乗ゲートでのお見送りまで、業務は多岐に渡ります。イレギュラー対応も少なくありません。たとえば、天候不良などで欠航が発生した場合は、地上交通への振り替えやキャンセル手続きなどを迅速に進めなければなりません。諸事情で出発時刻間際にチェックインされたお客様がいる時は、関係スタッフとトランシーバーで連絡を取り合いながら、搭乗ゲートまで一緒に走ってご案内することも。見た目の華やかなイメージとは裏腹に、とてもハードな仕事です。それでも、お客様から「ありがとう」の言葉をいただいた時や、無事にフライトを見届けた瞬間は、この上ない喜びとやりがいを感じます。

中京大学総合政策学部
中京大学総合政策学部

就職活動を振り返って

私が航空業界に興味を持ったのは、初めて空港を利用した小学校1年生の時。素敵な制服を身にまとい、美しい所作で接客するグランドスタッフやキャビンアテンダントに憧れを抱きました。
その憧れを現実的な目標として掲げ、就職活動に取り組んだ大学4年次。キッチンメーカーなど3社から内定をいただくも、航空会社は3連敗という状況のなか、JALスカイの最終英語面接に臨みました。実はその時、採用担当者の方の「あなたが住んでいる名古屋市の魅力を紹介してください」という問いかけにしどろもどろに答えた後、「今日はうまくご紹介ができませんが、今後もっと努力を重ねて、JALスカイのグランドスタッフにふさわしい英語力を身に付けたいと思います」と、とっさに熱意を伝えたことを覚えています。

中京大学総合政策学部

これからの私

100名のお客様がいらっしゃったら、100通りのおもてなしがある。そんな接客の仕事の奥深さを、JALスカイに入社してから改めて知ることができました。お客様お一人おひとりのお気持ちに寄り添い、お手伝いできることを考え体現する毎日には、常に新鮮な感動があります。
羽田という国内最大規模の空港で、多くのお客様と接し、先輩方から学びを得ながら成長していけるのも、JALスカイならではの魅力。制服姿の私に注がれる信頼感を絶えず意識し、次は私が「あの人みたいになりたい」と夢を与えられる存在になれるよう、キャリアップしていきたいと思います。

中京大学総合政策学部

大学時代の思い出

中京大学総合政策学部

特に熱中したのは、プロジェクト研究です。顧客ニーズを読み取り、“売れる”商品やサービスを生み出すマーケティング戦略を実践的に学び、数多くのビジネスコンテストにも出場しました。夜遅くまで資料作成やプレゼンの練習に励んだことが心に残っています。また、折にふれて担当教授だった宮内先生に進路の相談に乗っていただき、志を高めました。そうした出会いや経験が、夢を実現する力になったと思います。

オープンキャンパスレポート

入試に関するお問い合わせ

中京大学 名古屋キャンパス 入試センター
TEL. 052-835-7170

入試情報はこちら