坂田隆文 教授

(SAKATA, Takafumi)

メッセージ

坂田隆文

私は大学生活で求められる最も大切なことは「取捨選択」だと思っています。ただ与えられたことを闇雲にこなすのではなく、自分なりにどういう意味・意義があるのかを考え、時には「捨てる」という勇気も必要だと思います。そして何よりも、自分が選んだものに対しては、積極的・自主的に取り組めるようになってください。

プロフィール

オフィスアワー 火曜日午後、水曜日午後(会議日除く)、木曜日午後(前期のみ)、金曜日17時以降
なお、これら以外にもメールで予約を受け付けます。
担当科目 (学部)流通論、小売業態論、 マーケティング戦略論、(大学院)経営戦略論
研究テーマ マーケティング論、商品企画論、流通論、トヨタ生産方式の異業種への活用、アクティブラーニング及びキャリア支援
最終学歴 神戸大学大学院 経営学研究科 博士後期課程
学位 博士(商学)(神戸大学)
所属学会 商業学会、消費者行動研究学会、経営史学会、医療マネジメント学会、日本マーケティング学会

担当するプロジェクト研究について

私が担当しているプロジェクト研究について興味のある方は、坂田ゼミホームページをご覧下さい。
また、プロジェクト研究における私自身の考え方については、『大学ジャーナルオンライン』に掲載された私のエッセイ(「アクティブラーニングによる課題解決型産学連携講義の意義と課題」 、 「何故、アクティブラーニングがうまくいかないのか」 、 「アクティブラーニングのテーマをどう選ぶべきか」 、 「アクティブラーニングに座学は必要か」 、 「意識の低い学生にいかにアクティブラーニングを行うか」 、 「アクティブラーニングによる評価の難しさ」)を、それぞれご覧下さい。

【普段の授業内容】

2年次 以下の3つの講義を行います。(1)レポートやレジュメの作成法、論理的に物事を考える方法、プレゼンテーションの基礎について、(2)ディスカッションとは何をするのかについて、(3)マーケティング論や商品企画論などの基本的な理論について。また、企業が実際に行っている活動について書かれた文献(=ケース)を読み、それに対して各人でレポートを作成。そして、そのレポートに基づいて、グループでディスカッションを行います。さらには、プロジェクト研究生のレベルや意欲に応じて、企業からの依頼に応えるかたちで商品企画を行ったり、各種ビジネスプランコンテストに参加するといったことも行います。
3年次 2年次と同様、ケース・ディスカッションを中心に講義を進めます。後半には各自が自ら設定したテーマに沿って企業・商品に関する調査を実施。その調査対象について、最低でも30分程度の報告ができるようになることをめざします。また、プロジェクト研究生のレベルや意欲に応じて、企業からの依頼に応えるかたちで商品企画を行ったり、各種ビジネスプランコンテストに参加するといったことも行います。
4年次 自主研究と並行して、自身が将来就職を考えるような企業の調査や、その企業が属する業界の分析を行います。そして、プロジェクト研究の集大成として、1万字以上(A4で10枚以上)の論文を作成します。

著書

発行年月日 書籍名 出版社
2016年 『1からのマーケティング・デザイン』(共編著) 碩学舎
2012年 『1からのリテール・マネジメント』(共編著) 碩学舎
2012年 『1からの商品企画』(共著) 碩学舎
2010年 『病院組織のマネジメント』(共著) 碩学舎
2009年 『小売企業の国際展開』(共著) 中央経済社
2008年 『1からの流通論』(共著) 碩学舎
2008年 『現代社会の消費とマーケティング』(共著) 税務経理協会
2005年 『マーケティング・クリエイティブ』(共著) 中央経済社

論文

2015年 商品企画を通した市場創造 総合政策フォーラム第10号
2015年 市場創造のための商品企画 100万社のマーケティング(宣伝会議)
2009年 高齢者対応型店舗設計の可能性について 数理科学講演会講演論文集
2008年 病院経営とマネジメント手法 外科治療
2008年 医療現場を改善するとは、何をすることか 病院
2007年
刈谷豊田総合病院におけるリスクマネジメント
慶應義塾大学ビジネスケースシリーズ
2007年 医療経営における「トヨタ方式」の可能性 医療と社会
2006年 スーパーマーケット誕生期における百貨店の業態変客 中京商学論叢
2006年 人づくりによる店づくり 中京企業研究
2006年 矜恃をもてる小売業【ヴィレッジヴァンガードコーポレーション】 総合政策フォーラム
2004年 業態識別要件としてのイノベーション 中京商学論叢
2003年 小売業態の相対性に関する歴史分析 中京商学論叢
2003年 マーケティング志向の成長戦略【オタフクソース株式会社】 季刊マーケティングジャーナル
2003年 百貨店を中心とした小売業態の変容に関する研究 博士論文(神戸大学)
2003年 P&Gによる流通対応戦略 神戸大学大学院ケースシリーズ
2002年 変容する小売業態 流通研究(日本商業学会)
2002年 西武百貨店-百貨店における効率的経営手法の試み 神戸大学大学院ケースシリーズ
2001年 マクロ消費研究の意義と展望 流通研究(日本商業学会)

報告書

2007年 2007年 中部経済同友会 経営効率化委員会提言書「中部企業がより強くあり続けるために~ムダの視点で会社を変える~」
2008年 2008年 中部経済同友会 企画委員会提言書「日本の中長期ビジョンを考える。中部から」
2012年 2012年 中部経済同友会 教育問題委員会提言書「感応豊かな人材を育てるために」

その他

科学研究費補助金(2005年度~2006年度) 「小売業態の相対性に関する理論的実証的研究」
科学研究費補助金(2008年度~2010年度) 「医療経営のマネジメントに関する研究」(研究代表者:神戸大学加護野忠男教授)
科学研究費補助金(2009年度~2011年度) 「トヨタ生産方式の応用による小売業の経営効率化に関する研究」
社会活動(2004年度~) 中部マーケティング協会 部会指導コーディネーター
社会活動(2005年度~) 中部経済同好会アドバイザー
社会活動(2006年度) 東海市教育委員会 男女共同参画セミナー 講師
社会活動(2006年度~2008年度) 医療科学研究所医療経営研究会委員
社会活動(2009年度) (財)科学技術交流財団「災害弱者のための包括的支援システムの構築を考えるワーキンググループ」座長
社会活動(2010年度) あいち健康長寿産業クラスター推進協議会「女性の健康長寿を支援するマッチング・ワーキング・グループ」セミナー講師
社会活動(2013年度) 愛知県農林水産部卸売市場活性化実務講座講師
社会活動(2016年度) 岐阜県山県市観光促進加速化協議会 会長
社会活動(2017年度) 中部経済連合会イノベーション推進委員会「Next30産学フォーラム」コアメンバー