今井良幸 准教授

(IMAI, Yoshiyuki)

メッセージ

今井良幸

1974年三重県に生まれ、三重県で育ちました。立命館大学法学部を卒業後、三重県職員として15年間勤務しつつ、その間、大学院で学び、2009年に名城大学大学院法学研究科博士後期課程を修了、博士(法学)を取得しました。その後、大学教員に転職し、2015年度から総合政策学部の教員として赴任しました。

専門は憲法、行政法、地方自治法です。三重県職員時代には港湾関係の許認可事務に始まり、県税徴収、国民健康保険、農地転用など幅広く経験し、町役場でも勤務しました。

プロフィール

研究室 323
オフィスアワー 火曜日 14時30分~16時30分(通年)
木曜日 16時40分~18時00分(春学期) / 14時30分~16時30分(秋学期)
担当科目 法学概論、憲法、行政法、地方自治法、プロジェクト研究Ⅰ、Ⅱ
研究テーマ イギリス憲法に関する研究、地方自治の観点からの憲法・行政法的課題についての研究
最終学歴 名城大学大学院法学研究科博士後期課程
学位 博士(法学)〔名城大学〕
所属学会 日本公法学会、憲法理論研究会、比較憲法学会、日本地方自治学会、日本法政学会

担当するプロジェクト研究について

勉強でも勉強以外でも元気に取り組み、場を盛り上げてくれる方、協調性のある方を歓迎します。

講義の面では、ゼミの進展度合いに応じて、地方自治体へのヒアリング調査、ゲスト講師による講義などを行っていきたいと思います。

Image title

Image title


【普段の授業内容】

2年次 地方自治体ごとの独自の地域的なルールである条例をテーマに取り上げ、その内容を学んでいきます。具体的には、各地の自治体で制定されている条例を取り上げ、その考察を通じて自治体で行われている政策についての知識を得ていくこととします。
3年次 2年次に学んだことを基に、実際に社会で生じている課題に対応するための政策について考えていきます。取り上げる課題については、受講生の皆さんの希望、あるいは自治体の方の協力が得られるようであれば、そこで提示していただいたものにしたいと思っています。また、希望があれば、大学外での政策コンテストなどにも参加していきたいと思います。
4年次 2年次、3年次で学んできたことの中から各自でテーマを設定して卒業論文に取組みます。ゼミでの報告→個別指導のサイクルを繰り返しながら、段階を踏まえて完成することを目指します。

著書

発行年月日 書籍名 出版社
2015年4月 ワンステップ憲法(共著) 嵯峨野書院
2013年1月 憲法要論(共著) 嵯峨野書院
2010年1月 プライマリー法学憲法〔第2版〕(共著) 不磨書房

論文

2016年3月 イギリスにおける自治体の広域化と広域連携ーイングランドを中心としてー 総合政策論叢7巻
2016年12月 請願権の再検討-イギリスにおける電子請願制度からの示唆- 名城法学66巻1・2合併号
2014年3月 地方公務員の政治的行為の制限についての一考察 岐阜経済大学論集47巻2・3号
2013年3月 地方自治における「再議」制度についての一考察
-否決された議案は再議の対象にはならないのか-
岐阜経済大学論集46巻3号
2012年10月 イギリスにおけるレファレンダム(referendum)に関する一考察
-これまでの動向と今日的課題-
比較憲法学研究24号
2010年6月 地方自治特別法の存在意義を考える
-道州制特区法を素材にして-
名城法学論集37集
2007年3月 イタリア、スペインにおける地域分権(regionalism)
-わが国における都道府県制度との比較考察-
名城法学論集34集
2007年10月 イギリスにおける「イングランド問題(English Question)」
-イングランド内における地域分権をめぐる問題についての一考察-
法政論叢44巻1号
2006年11月 イギリスにおける権限委譲(devolution)と地域分権(regionalism) 法政論叢43巻1号

その他

社会活動 海津市行政改革推進審議会アドバイザー(2011年~)
羽島市住民参加のための条例市民ワーキングチームアドバイザー(2014年~)
郡上市議会議会改革特別委員会アドバイザー(2014年~)
郡上市市民自治懇談会アドバイザー(2011年~2012年)
「(仮称)郡上市自治基本条例」策定委員会アドバイザー(2012年~2013年)
海津市社会資本整備総合交付金評価委員会委員(2012年~2013年)
海津市公の施設指定管理者選定委員会委員(2012年~2013年)
瑞穂市総合計画策定審議会委員(2014年)