中村将人 専任講師

(NAKAMURA, Masato)

メッセージ

中村将人

専門は会計学です。特に会計制度・実務の歴史的な発展について研究しています。

高校までの勉強では与えられた問題の正解を導き出すことに力を注いでいたかと思います。しかし、現実の社会では問題を与えられることはそうそうありませんし、唯一絶対の正解がある問題など滅多に存在しません。大学生活を通じて「自ら問題を見つけ、考え、解決する」クセを身に着けて下さい。欲を言えば、その過程で会計学に興味をもってくれれば嬉しく思います。

プロフィール

研究室 432
オフィスアワー (春)火曜日 9:30~12:00 木曜日 13:00~14:30
(秋)火曜日 14:55~16:25 木曜日 13:00~14:30/16:40~18:10
担当科目 会計学、財務諸表論、簿記論、キャッシュフロー会計論、社会人基礎力講座ビジネス編、総合政策プロジェクト研究
研究テーマ 近代日本の鉄道業における会計制度・実務の史的展開
最終学歴 北海道大学大学院 経済学研究科 現代経済経営専攻 博士後期課程
学位 博士(経営学)(北海道大学)
所属学会 日本会計研究学会、日本会計史学会、日本簿記学会、日本経営会計学会、国際公会計学会、鉄道史学会

担当するプロジェクト研究について

テーマは会計学です。会計学では、企業の状態(いくら儲かったかor損したか、どれだけ資産があるのか、借金はいくらかなど)を金額で示した会計情報を取り扱います。会計学は細分すると様々な分野がありますが、簡単に言えば以下のようなことを考える学問であると思ってください。

1.どうしたら企業外部の人に対して、企業の状態を適正に示すことができるか(財務会計)
2.会計情報からその企業の状態を知るにはどうすればよいか(財務諸表分析)
3.企業の内部で経営管理(各部門の業績評価、設備投資の判断など)を行うために、どのように会計情報を用いるべきか(管理会計)
4.製品をつくるのにいくらコストがかかったか(原価計算)

上記の内容は民間企業を対象としたものですが、この他にも政府や非営利組織の会計を学ぶこともできます。

【普段の授業内容】

2年次 会計学に関する基礎的な文献の輪読を行い、資料作成と報告を毎週1人ずつ実施。この作業を通じて、資料の探し方、文章の書き方、プレゼンテーションの訓練も同時に行います。
3年次 プロジェクト研究報告会に向けて、テーマ設定、先行研究の調査、データ収集、分析などを行い、必要に応じて分析に必要な知識について学んでいきます。
4年次 プロジェクト研究の集大成として、卒業論文を作成。卒業論文は製本してメンバー全員(2・3年生を含む)に配付します。

著書

発行年月日 書籍名 出版社
2014年3月 『会計のリラティヴィゼーション』(分担執筆) 創成社

論文

2016年3月 「帝国鉄道会計における益金の資本勘定繰入実務 -複会計システムとの比較-」 『総合政策論叢』(中京大学)第7巻
2014年9月 「南満洲鉄道における固定資産評価」 『会計史学会年報』第32号
2014年3月 「戦前期日本における鉄道会計の史的展開に関する研究」 博士論文(北海道大学)
2012年12月 An Inquiry into a Transformation of the Double Account System in Japan: Yon-Kanjo Sei (Four-Accounts System) in Japanese railway companies」 Business and Accounting Research (International Conference on Business Management), Vol.1
2011年9月 「帝国鉄道会計の二重構造と複会計システム」 『經濟學研究』(北海道大学) 第61巻第1,2号

その他

学会活動 日本会計史学会 幹事(2016年9月~)