竹田昌次 教授

(TAKEDA, Masatsugu)

メッセージ

竹田昌次

自分だけの利害という狭い範囲に自らの関心を閉じ込めることは、短期的にはいい目をするかもしれないが、どうやら自分自身の可能性を摘み取っていくようだ。私が卒業した立命館には、昔、末川博という偉い先生がいて、「未来を信じ、未来に生きる」というフレーズを若者や学生に残されたが、僕が耳にした若人向けのメッセージのなかでは、これが一番だと思っています。老人は「昔は・・・・だった」といって過去に生きますが、皆さんは未来に生きてください。未来を信じてください。

プロフィール

研究室 316
オフィスアワー (春)(秋)
火曜日 13時00分~14時30分
金曜日 16時40分~17時40分
担当科目 経営学、人的資源管理、労働政策
研究テーマ 労働生活と家族生活の両立を国際的視野から研究
最終学歴 立命館大学大学院 博士課程
所属学会 日本経営学会、労務理論学会、社会政策学会、労働社会学会、北ヨーロッパ学会

担当するプロジェクト研究について

テーマは「人口減少社会における人的資源管理のあり方について」。女性の労働権、男性の家族生活権、若者の自立、そして成人したカップルが子どもを生み育てる権利といった当たり前のことを、どのように実現していくのかを考えていきます。

【普段の授業内容】

2年次 今後の学習活動のための基礎力を養成した後、政府の政策文書を中心に検討。働きながら、子どもを生み育てることについて、日本政府はどのように問題を理解し、政策や対策をとっているのかという点の理解を深めていきます。
3年次 具体的な企業や自治体において、育児休業や介護休業をはじめ、仕事と生活の両立を支援する施策がどのようになっているのかを調査。行政の現場や企業の人事担当者にヒアリングも行い、グループとしての政策提案レポートを作成します。
4年次 プロジェクト研究の集大成として、卒業論文を作成します。

著書

発行年月日 書籍名 出版社
2005年5月 『日本におけるスウェーデン研究』(共書) ミネルヴァ書房
2000年4月 『新・日本的経営と労務管理』(共著) ミネルヴァ書房
2000年4月 『マルチリージョナル企業の経営学』(共著) 八千代出版
1998年3月 『21世紀の経営戦略』(共著) 日本評論社
1997年5月 『規制緩和と労働・生活』(共著) 法律文化社

論文

2010年3月 母性主義的福祉政策から両立支援政策への転換 中京総合政策論叢
2007年1月 女性労働をめぐる雇用管理の変化と労働時間 労務理論学会誌
2006年1月 少子化時代の人事労務管理について 立命館経営学
2002年6月 日本的経営と若年労働者 龍谷大学経営学論集
2001年 比較福祉国家研究の現段階 中京商学論叢

その他

2011年6月 『経営労務事典』(編集委員)/昇洋書房
学会活動 労務理論学会 会長