あなたの底ヂカラ、眠ったままにしておく?

さまざまな出会いの中から自分の興味を見つけて、とことん追求する。 それが総合政策学部ならではの学びのカタチ。
入学時に、学修する分野をひとつに絞る必要はありません。 広大なキャンパスに、幅広い専門分野の先生たち、 そして互いに高め合える仲間や先輩たち。
総合政策学部には、あなたの底ヂカラと新しい可能性を引き出すステージが大きく広がっています。

獲得をめざす3つの力

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力

学びの特長

1. 広く、深く学ぶ

学びの世界は、どこまでも広大で多様。だから総合政策学部では、政治学・法学・経済学・経営学など幅広い学問領域の知識を得ながら、自らの興味を深堀していけるようなカリキュラムをご用意しています。

見つかる!科目ナビ
1. 広く、深く学ぶ

2. 実践重視

たとえば、大学の外に飛び出して多様な体験活動を行うフィールドワーク、企業の第一線で活躍する方々が教鞭をとる授業。学生が社会との関わり中で成長していく自主的・実践的な学びを重視しています。

履修モデル
2. 実践重視

3. 少人数教育

カリキュラムの中心は、少人数で学ぶプロジェクト研究。学生はテーマ選びから調査・研究活動、報告会まで主体的に取り組み、確かな問題解決力とコミュニケーション力、プレゼンテーション力を身につけます。

プロジェクト研究について
3. 少人数教育

4. 公務員試験に強い

中京大学は全公務員試験において、東海エリアの私大でトップクラスの合格実績を誇ります。総合政策学部も例外ではありません。手厚いサポートにより、毎年多くの卒業生が公務員への夢をかなえています。

数字で見る総合政策学部
4. 公務員試験に強い

5. 満足にこだわる就職

学びの世界は、どこまでも広大で多様。だから総合政策学部では、政治学・法学・経済学・経営学など幅広い学問領域の知識を得ながら、自らの興味を深堀していけるようなカリキュラムをご用意しています。

OB・OG 卒業生紹介を見る
5. 満足にこだわる就職

学部長からのメッセージ~受験生のみなさんへ~

社会とつながり、視野を広げて自分を成長させる学びにチャレンジしよう。

現代はとても恵まれた時代ですが、一方で、既存の考え方や仕組みでは解決できない複雑な社会問題がどんどん起きています。そうした背景から生まれたのが「総合政策学」。政治学、法学、経済学、経営学といった社会科学の知識を組み合わせて問題の本質に迫り、効果的な解決方法を探っていく、比較的新しい学問領域です。

では中京大学の総合政策学部で学ぶ価値とは何でしょうか。

答えは「アクティブラーニング」を重視した学科独自のカリキュラムにあります。みなさんは入学後、幅広い分野の基礎知識を得た上で自ら課題を発見し、17のプロジェクト研究(ゼミ)を軸に、先生や仲間と一体となってその解決に取り組みます。学びのステージはキャンパス内にとどまりません。ビジネスや行政の現場に飛び込み、たくさんの人と関わりながら知を耕し、人間的な成長をも実現していくのです。なんだかワクワクしませんか?

何を学び、将来に向かってどんな夢の苗を育むかはあなた次第。総合政策学部で過ごす4年間は、自分さがし、自分磨きの旅とも言えるでしょう。好奇心が旺盛な人、いろいろなことにチャレンジしてみたい人には理想的な環境です。

あなたの未来を変える学びを、ぜひここから始めてください。

総合政策学部 学部長 大森 達也

数字で見る総合政策学部

  • 愛知・岐阜・三重県の東海エリアを中心に
    全国から学生が集い、互いに高め合いながら
    学んでいます。※2017年5月現在
  • 1年次秋学期から1日90分×月4回の授業で“使える”英語力を強化。
    企業の採用試験でも多く導入されているTOEICのスコアアップをめざします。
  • 2017年度の新入生の男女比率はほぼ5:5。
    バランスの良さが学生たちのやる気を
    さらに引き出しています。
  • 2012~2016年度の全公務員試験合格者数は90人。
    試験対策講座などの手厚いサポートの
    成果が表れています。
  • 2017年3月卒業生の就職率は100%。
    独自のカリキュラムによって養われた
    積極性によって高い就職率が実現しています。
    ※就職希望者に対する就職率

キーワードで見る総合政策学部

  • キャリアデザイン

    1年次に「キャリアデザイン」という必修講義で、自分自身の興味の軸や将来像についてグループワークを交えながら思い描きます。そして、これからどんな知識や能力を身につけるべきかを考え、4年間の学習計画を学生自身が設計。自ら主体的に学ぶ素地を作り出します。

  • プロジェクト研究

    2年次から始まるプロジェクト研究は、学生自身がテーマを決め、研究に取り組みます。その過程では、頻繁にフィールドワークを実施。また、研究の集大成として、審査員に官公庁や民間企業の企画担当者等を招いてのプロジェクト研究報告会を学生主導で開催します。
    ▶もっと詳しく

  • オフィスラリー

    総合政策学部が最重要科目と捉えるプロジェクト研究。その学びをより有意義なものにするための仕組みがオフィスラリーです。学生は1年次に約半年をかけて、教員のオフィス(研究室)を複数回訪問。比較検討しながら、探求していきたい研究分野を見つけます。
    ▶もっと詳しく

  • キャリア・イングリッシュ

    1年次から、約20名の能力別クラスで1日90分・月4回、英語力を強化。ビジネスの現場で必要とされる実践的な英話力を身に付けます。最終的には、2年次秋学期終了時点でTOEICスコア600点以上をめざします。

  • 海外インターンシップ

    春休みにアメリカ・ロサンゼルスにある企業・団体で行う就業体験プログラム。選べる業界は旅行、情報、教育、商社、セールス&マーケティング、医療、物流、IT、福祉、NPOなど多種多様。ビジネス英語の習得と、グローバルな視野を広げることを目的としています。

履修モデル

みなさんの卒業後の進路や目標に合わせて、4つの履修モデルを用意しています。
各履修モデルの科目選択は必修ではありませんが、各分野で必要とされる能力が効率的に修得できるよう構成されています。

就職実績

デンソー/日本特殊陶業/豊田鉃工/住友電装/新東工業/ヤマザキマザック/ヨネックス/タカラスタンダード/リンナイ/大正製薬/凸版印刷/日本ハム/リクルート/NSD/近畿日本ツーリスト/中部国際空港旅客サービス/NTTドコモ/東海旅客鉄道/郵船ロジスティクス/日本通運/積水ハウス/ミキハウス/トーカン/ユニー/三菱東京UFJ銀行/野村證券/東京海上日動火災保険/国税庁/愛知県庁/警視庁/名古屋市消防局など

取得可能な資格

  • 中学校教諭1種 (社会)
  • 高等学校教諭1種 (公民)
  • 高等学校教諭1種 (商業)
  • 各種公務員
  • 博物館学芸員
  • 日商簿記検定
  • 秘書検定
  • TOEIC

在学生インタビュー

総合政策学部ってどんなところ?
何を学び、経験できているかなどを在学生に聞いてみました。(学年は取材時)

クロストーク

学生と教員がプロジェクト研究について語ります。

卒業生紹介

総合政策学部で学び、自分の夢を大切に育てて
理想の仕事を手に入れた先輩たちを取材しました。

movie

#未来を探しに行こう。

 
オープンキャンパスレポート

入試に関するお問い合わせ

中京大学 名古屋キャンパス 入試センター
TEL. 052-835-7170

入試情報はこちら